PlantUML Eclipseプラグイン

PlantUMLを使って編集中のJavaファイル中のクラスをUMLクラス図で表示してくれるEclipseプラグイン

PlantUML : Integration with Eclipse

以下、サンプルのJavaソースとPlantUMLビューの表示例。

public class FooImpl implements Foo {

    private final Bar bar;
    
    public FooImpl(Bar bar) {
        this.bar = bar;
    }
    
    @Override
    public void doFoo() {
        bar.doBar();
    }
}

f:id:mochalog:20151201152235p:plain

残念ながらFooImplからBarにコンポジション関連を引いたクラス図にはなってくれなかった。

PlantUML SourceビューではJavaソースコードから自動生成したPlantUML定義が表示される。

@startuml
class FooImpl {
    -Bar bar
    +FooImpl(Bar bar)
    +void doFoo()
}
interface Foo {
}
Foo <|.. FooImpl
@enduml

UMLクラス図を使ったドキュメント作成をするときに、 PlantUML Sourceビューに表示されたPlantUML定義をコピペして切り貼りすると、 それなりのUMLクラス図ができるので、そういった使い方をするなら便利かもしれない。